20日 8月 2017
サバニ造船は、今までたくさんの方々のご協力のもと、動いてきました。 さらにまた。 ここ、名護青少年の家のロビーのスペースに、写真を掲示させて頂けました。 ありがとうございます。 とってもたくさんの人が通るところなので、 「ん??なんだろ??」って、 なんとなく目に入る人が多くなるのではないでしょうか。 今までの工程を写真と、文章で紹介。...
19日 8月 2017
帆柱をはめる部分の製作です。 ここに帆が立ちます。 戦後、エンジンがついたサバニ。 エンジンがついていても、この帆を立てる穴が残ったものがありました。 今日は、大工さんの作業はお休みとなります。 見学スペースとして公開はしておりますので、 気軽にお越しください。 名護青少年の家への家への行き方はこちら↓ https://www.opnyc.jp/
18日 8月 2017
今日は子どもたちパラダイスとなっております。 何人乗れるかなぁ~?? 海に出るのを楽しみにしててね。... 見学自由の造船所名護青少年の家への行き方はこちら↓ https://www.opnyc.jp/
17日 8月 2017
内側の削り段階です。 前の部分に削られていない、高さのある部分があります。これは、帆柱を立てたときにそれが入る穴を空けます。 それ以外の部分は、滑らかにカーブになっています。 急で申し訳ありません。 本日の造船作業はお休みとなります。 サバニは見学できますので、気軽にお立ち寄りくださいませ。...
15日 8月 2017
内側を削っています。 凹凸がなくなり、美しいカーブができてきました。 お家や、家具を造っている、大工さんが南部から訪問してくれました。 話題はサバニから、木の話に。 サバニの分銅(クサビ)に使われているイヌマキの木や、 マストを差し込むウシカキに使われているテリハボクの木が、 少なくなってしまった…。...
14日 8月 2017
サバニがいよいよひっくり返りましたよ。 人が乗れますね。 「もう、海に浮かばせていいんじゃない(笑)」 訪問された方の一言。 わ、わかります、その気持ち。どんどんサバニらしくなってきましたから。 でも、 今、浮かばせたら、前と後ろから水入ってきますね(笑) 竹釘入れ作業が終わり、 ひっくり返し、...
12日 8月 2017
「ツバノミ」という、カーブしたノミで穴をあけ(深さ約10cmくらい) 竹釘を入れます。 「もうそう竹」という固い竹が、厚さ約4cmの板に うまくカーブしながら入っていきます。板を突き抜けるのではありません。 4cmの厚みの中へ入って止まります。すごい。。。 カーブさせることで、さらに抜けにくくなっています。...
11日 8月 2017
Today's visiter was people from Korea. And...the woman from Hawaii. Traditional Okinawa culture attracts people. It has no the national boundaries. We are looking forward to sailing in this Savani with you. ↓Please contact to us when you visit to Okinawa again. yanbaru@shimakazi.com Thank you for your visiting! 船を造る段階から見学をして、完成後にそれを楽しむ。 おもしろい関わり方なのではないでしょうか。...
10日 8月 2017
帆かけサバニサバニ造船所より。 分銅(木と木とつなぐクサビ)入れ作業進んでおります。 訪問された方からの質問。 「この分銅は、板を貫通しているの?」 いいえ、違います。 板の厚さの約半分のところまで穴をあけ、 そこにはめます。 現在は、船の外側から入れています。 内側からは、もちろん、同じところに入るのではなく、...
09日 8月 2017
サバニが削られた後のカンナくず。 必要な方はいらっしゃいませんか? 畑の堆肥にいかがでしょうか? もらって頂ける方、當山までご連絡くださいませ。 080-9852-5562 急で申し訳ありません、本日の作業はお休みとなりますが、 サバニは見学できます。お気軽に名護青少年の家へ。 https://www.opnyc.jp/

さらに表示する