サバニ造船始まりました!

いよいよ始まりました。帆かけサバニ公開造船。

サバニとは、沖縄の昔の漁師さんの船です。金属の釘はゼロで、すべて木でできています。

風を受けて帆で走り、エークと呼ばれる、木の櫂で漕いで走ります。

よし、これでお客様を案内するツアーを作ろう。そう考えました。

 

「船を作るところから」島風はチャレンジします。

出来上がった船は、東村の海に浮かび、お客様をご案内しますよ。

造船場所は、見学自由で、もちろん見学無料。

伝統技術というものは、なかなか「公開」という形になることは多くはありません。

でも、「サバニって何?」「金属の釘ゼロで、どうやって繋がるの?」

たくさんの疑問と、興味。

先人の偉大な技術と誇り。

それを感じることができるのが、公開造船です。

名護青少年の家 10:00~16:00ごろまで

みなさま、気軽にお立ち寄りくださいませ。

そして、このブログ、また、Facebook「やんばるエコフィールド 島風(しまかじ)にて、造船工程を随時配信~。

樹齢80年の杉の木が、どんどん船になっていく様子をお楽しみくださいませ。

造船お休みの日は、Facebookにてお知らせいたします。

https://www.facebook.com/yanbaru.shimakazi/

 

帆かけサバニ公開造船

主催:フーカキサバニ

サバニ大工:長嶺誠さん

サバニ発注:やんばるエコフィールド島風(しまかじ) 當山一