2枚をぴったりと。

2枚の舷側板(船の横部分)を重ね、ぴったりと形をそろえます。

この後、2枚を曲げて、船の形にしていくのですが、

形に少しでもずれがあると、左右対称の形になりません。

全く同じ形の2枚になったとしても、

自然の木ですから、2枚の板の質には必ず違いがあります。

「成長の具合」

「水分量」などが理由で、

 

柔らかさ、固さは同じではありません。

それを、左右対称に曲げなければならないので、本当に難しい作業となります。