さめの油塗ります。

帆かけサバニ造船所より。
明日6月4日も引き続き、造船作業はお休みとなります。

では、昨日の作業で登場した「サバ油」の紹介を。。。
なんと魚の鯖ではありません。...
サメの肝を煮詰め、不純物を濾されてできた油です。
沖縄の方言で、昔、サメのことを「サバ」と呼んでいたことから、「サバあんだー(あんだーは油)」と言われています。
サバニは木の船。腐食防止のため、昔は、このような油を船体に塗り、メンテナンスをしていたそうです。
現在は、木工用のオイルが売られているので、それでメンテナンスをすることもできます。

昨日の作業では、この油をふんどう(板と板のつなぎ目を固定するためのもの)を打ち込む際、これをふんどうに塗り、
上からカナヅチでたたきました。

なんと、良い?におい。。。
タイのナンプラーのような。。。
ぜひ、いつか、自分で作ってみたいですねぇ。

匂いを嗅いでみたいあなた。
名護市国際交流会館へ。

見学無料です。
明日はお休みですので、その後に。。。