造船場所が変更になります。

帆かけサバニ造船場所の変更のお知らせ。
今まで行っていました「名護市国際交流会館」から、
「沖縄県立名護青少年の家」に変更となりました。

今までと変わらず、「公開」というOPENなスタイルは変わりません。
気軽にいらしてください。

なぜなら!!明後日、14日あたりから、
サバニ造船の一番人気!「曲げ」が始まるからです。
8mもの長く、分厚い舷側板(船の横部分)が、船の形に曲げられます。
こんな板がどのようにして曲がるのか?
「これ、見たいんだよね。」と、今まで言われることが良くありました。
みなさん、シャッターチャンスです。動画チャンスです。

少しずつ、少しずつ、船の形に曲がっていきます。
迫力満点。折れるんじゃないかとハラハラどきどき。

舷側板の左右が、正確に同じ形でも、自然の木の素材ですから、水分量、フシの位置など、様々な理由で柔らかさは同じではありません。
そのため、同じ形を曲げても、左右対称の船の形を作ることは本当に難しいことなのだそうです。

名護青少年の家
10:00~16:00ごろまで。
名護城公園内にあります。
場所の詳細は、青少年の家HPをチェック。