サバニの走りをイメージして。動画です。

船底部分の形成。
墨でラインを入れて削ります。
どこをどのように削れば、どんな走りをするのか?

「新城さんはね、前回のサバニの写真をみて、こんなこといってたよ。」
大工さんの師匠の言葉を思い出したり、

自分が製作した船を乗った経験、
昔のサバニを見たり乗ったりした経験
いろいろな積み重ねが、墨のラインを決めていきます。

大工さんの頭の中には、このサバニが海で走る様子があるのでしょう。。。

それでも、悩みながらの様子も見られます。
どんな走りをするのかの検証は、
きっと、大工人生ずーっと、ずーっと、続いていくのではないでしょうか。
もっともっと…という前を向いていく「向上心」だからです。

見学自由の造船です。
お気軽にお越しくださいませ。
名護青少年の家への行き方はこちら↓
https://www.opnyc.jp/