次はふんどう入れ。

船の形成が進みました。
角張ったところが滑らかになっています。
この後は、またまた難しい分銅(板と板とのつなぎ目をつなぐクサビ)入れ作業となります。
底板とカド、カドと舷側板、板と板のつなぎ目にたくさんの分銅が入ります。
全部で約300個くらいといわれています。
今回はカーブのあるところに入れていくので、かなり難しそう。。。
た、楽しみです。わくわく。

明日8月2日(水)は、大量の分銅づくりを大工さんのご自宅でされるそうなので、名護での造船作業はお休みとなります。
あさっては、サンタさんのように袋にいっぱいの分銅を持参してくれるのでしょうか?さらにわくわく。。。

台風が近づいています。
みなさま、予報をしっかりと確認していきましょうね。