杭が突き抜ける!!

今日は、色々な箇所の作業が進みました。

①サバニの前と後ろに打たれる「杭」の製作です。
こんなに長い棒状のものが、板の横から向こう側まで突き抜けます。すごいですねぇ。

②サバニの舷側板(横部分)の縁が、地面に平行に削られました。少しの違いに見えるかもしれませんが、一気に「船」の雰囲気がでます。

③サバニの後ろにある、「かんだん」という部分の製作。
神様の棚という意味で、とても大切な部分。
進水式の時は、ここにもお米や塩をもって、お酒をかけます。

サバニ製作も後半になってきました。
ワイルドな作業から、どんどん細やかな作業に変わってきた様子。
小さな部分でも、ひとつひとつの部分に意味があり、大切なストーリーがある。
確認しながら、勉強していきます。

見学自由の造船所、名護青少年の家への行き方はこちら↓
https://www.opnyc.jp/