サバニ、現代のスタイル。動画にて。

アウトリガーを固定するための横棒を付けています。
アウトリガーとは、船体の外につけ、
船の安定性を増し、転覆を防止するための浮力体のこと。

昔の漁師さんは、アウトリガーなしで操船をしていました。
高い高い操船技術です。
波を切り、できるだけ速いスピードで走ることは、乗り手の安全につながり、
さらに、冷蔵庫も無かった時代、出来るだけ早く魚をとり、
出来るだけ早く帰港して魚を売ることが、漁師さんたちの売り上げに直結していたからです。

アウトリガーを付け、安定性を増したサバニ。
たくさんのお客様の笑顔を生み出すはず。
現代のスタイルに合わせて、変化していく部分と、変わらない部分。

進水式は10月15日(日)9:30~
東村の福地川海浜公園にて。
ぜひ、遊びにきてくださいませ。